作業療法学科

作業療法士とは

作業療法は、人々の健康と幸福を促進するために、医療、保健、福祉、教育、職業などの領域で行われる、作業に焦点を当てた治療、指導、援助です。作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指します。作業療法士は、利用者の日常生活・ 職場・学校等への1日も早い復帰を促す専門職で、リハビリテーションの一翼を担う重要な国家資格です。

理学療法士との違い

理学療法士

患者の基礎的運動能力の回復を目的に運動・指導を行う。
理学療法は、どのような人を対象とするか
・体に障害を持つ人
(脳卒中、パーキンソン病、脊髄損傷、リウマチ、手足の切断、心臓疾患、その他)

作業療法士

患者の応用的運動能力や社会的適応能力を高めることを目的とする。日常的な作業(仕事)を通して社会復帰や家庭復帰を目指す障害のある人に援助を行う。
作業療法は、どのような人を対象とするか
・体に障害を持つ人
(脳卒中、パーキンソン病、脊髄損傷、リウマチ、手足の切断、心臓疾患、その他)
・心に障害を持つ人
(統合失調症、そううつ病、アルコール依存症、摂食障害、認知症、その他)
・発達時期に障害をうけたこどもたち
(脳性麻痺、精神発達遅滞、筋ジストロフィー、自閉症、その他)

履修科目

基礎科目

基礎科目

心理学、社会学、文学、英会話、体育(理論・実技)、倫理学、法学概論、統計学、情報科学、医学英語

専門基礎科目

解剖学、解剖学(演習・実習)、生理学、生理学実習、運動学、運動学実習、人間発達学、医学概論、 病理学、公衆衛生学、臨床心理学、臨床心理学演習、内科学、整形外科学、神経内科学、脳神経外科学、 精神医学、小児科学、老年医学、薬理学、臨床薬学、画像診断、リハビリテーション(概論・医学)、地域福祉論

専門科目

身体障害・実習、精神障害・実習、発達障害・実習、老年期障害・実習、高次脳機能障害、 日常生活活動・実習、義肢装具学・実習、カウンセリング特論、作業療法研究概論、 レクリエーション概論、福祉用具プランニング、地域リハビリテーション論、地域連携特論、臨床実習

資格

取得資格

取得資格

作業療法士国家試験受験資格
専門士称号(医療専門課程)

2018年第53回作業療法士国家試験
合格率86.7%(全国平均:77.6%)

目標資格

福祉住環境コーディネーター(1級、2級)

入学から卒業まで

 

 

在校生メッセージ

作業療法学科15期生

岩城 有紀さん

宮崎農業高校卒業

私は、身体障害や精神障害者のリハビリなど幅広い分野で活躍している作業療法士になりたいと思い入学しました。学校生活は、同じ目標を持ったクラスメイトと一緒に、授業や勉強、テストなど一生懸命取り組んでいます。また、先生や先輩方も優しく、とても充実しています。高校では学ばない、専門医療の勉強なので、難しく大変ですが、国家資格の合格という目標に向かって頑張りたいと思います。

在校生メッセージ

作業療法学科14期生

黒木 千智さん

宮崎商業高校卒業



  

卒業生メッセージ

医療法人社団 聖山会

川南病院

甲斐 智美さん

日向高校出身 10期生

私が作業療法士を志したきっかけの一つとして、祖父の存在がありました。脳梗塞で寝たきりになった祖父は、言葉も話せませんでした。しかし、家では、祖父のできる役割を担って、笑顔多く過ごしていました。このような事もあり、どのような状態の方でも、その方のできることに目を向け、その方の幸せは何なのかを考える作業療法士になりたいと考えました。学校生活では、クラスメイトや先輩方、先生方、実習先で出会った方々に刺激を受けながら、知識、人間性、考え方などを深めていくことができました。そして作業療法士になり、働いている今、日々新しい発見ばかりです。学ぶことを忘れず、利用者様と向き合って、その方の幸せを考えていけるように努力していきます。

卒業生メッセージ

医療法人 浩然会

内村病院勤務

古澤 樹さん

小林高校卒業(バスケ部)9期生

私が作業療法士を目指したのは、中学生の頃にあった職場研究という授業の中で作業療法士について調べた事と、看護師をしている母親から勧められた事がきっかけでした。入学後は難しい専門用語ばかりで苦労しましたが、先生方の熱心なご指導と一緒の夢を持ったクラスメイトの支えもあり勉強に対する考え方が変わり努力することができました。
今、精神科領域で働いていますが、患者様と色々な活動を通じて関わることで多くを学んでいます。これからも先輩方から多くを吸収し、患者様に楽しみの提供ができるように頑張ります。

卒業生メッセージ

医療法人 友愛会

野尻中央病院

武 紗弥香さん

妻高校卒業 12期生

卒業生メッセージ

医療法人 浩然会

内村病院

保楊枝 大和さん 12期生

飯野高校卒業

私は中学生の頃に、祖父のリハビリをきっかけで作業療法士を知りました。実際に見ることで憧れを持つようになり、リハビリテーションについて調べていく中で、作業療法士はその人にあった作業を提供し、答えが1つではない個性を活かせる職業だと感じ、宮崎保健福祉専門学校を受験しました。
勉強面では苦労しましたが、先生方が親身になって教えていただいたことやクラスメイトと助け合いなあら1つ1つ目標を達成できたことで成長できたと感じています。実際に働いている今、患者様と関わる中でたくさんのことに気づき、毎日が充実したものとなっています。作業を通して患者様に自然と笑顔になっていけるよう日々楽しく頑張ります!!

卒業生メッセージ

一般社団法人 藤元メディカルシステム

藤元総合病院

森 衿佳さん

都城西高校卒業 12期生

私が作業療法士を目指したきっかけは、親戚が作業療法士として働いていたことです。医療の仕事を調べていく中で、作業療法士の作業を通じて障害のある患者様のリハビリテーションを行なっていることに魅力を感じました。また、母が脳梗塞で入院し、その際に関わっていただいた作業療法士の姿をみて作業療法士になりたいという気持ちが強くなりました。
学校生活では、計画的に取り組むことを意識し、臨床実習では実際に患者様を担当させていただき、教科書では学ぶことのできないことを多く学ぶことができました。
私の勤務している病院は、都城地域の中核病院であり、日々勉強し、患者様や地域のために一生懸命働きたいです。

主な就職先

宮崎市・宮崎市近郊

井上病院、金丸脳神経外科病院、古賀総合病院、宮崎善仁会病院、野崎東病院、宮崎江南病院、宮崎若久病院、慈英病院、若草病院、辰元病院、潤和会記念病院、市民の森病院、迫田病院、鶴田病院、山元リハビリテーションクリニック、谷口整形外科、竹迫外科内科医院、宮崎大学医学部附属病院、駒柵脳神経外科、シルバーケア野崎、菜花園、サンフローラみやざき、並木の里、青島シルバー苑、サンヒルきよたけ、メディケア盛年館、ことぶき苑、宮崎リハビリテーションセンター、ゴールデンレイク、芳生苑、小規模多機能型居宅介護センター美波、宮崎市立総合発達支援センター、宮崎県立こども療育センター、デイサービスりんごの里

日南・串間

谷口病院、川越整形外科、おび中央病院、日南市立中部病院、県南病院、おびの里

都城・小林・えびの

柳田病院、内村病院、戸嶋病院、宮永病院、整形外科前原病院、池田病院、都城新生病院、森山内科・脳神経外科、永田病院、ベテスダクリニック、野口脳神経外科、藤元早鈴病院、藤元上町病院、豊栄グループ、園田病院、こんにちはセンター、みずほ、さくら苑

児湯・延岡・門川・日向・高千穂

協和病院、鮫島病院、和田病院、宮本整形外科、川南病院、日向病院、平田東九州病院、延岡リハビリテーション病院、共立病院、野村病院、瀧井病院、松崎医院、蛍邑苑、県立延岡病院、なでしこ園

県外

鹿児島:青雲会病院、霧島杉安病院、病院芳春苑、恒心会おぐら病院、吉田温泉病院、青仁会池田病院、垂水中央病院、昭南病院、米盛病院、沖永良部洲会病院、きりしま子ども発達支援センター 熊本:八代敬仁病院、人吉総合病院、朝日野総合病院、公立多良木病院 大分:岡本病院、曽根病院、だいかく病院 沖縄:大道中央病院、中部洲会病院 福岡:福西会病院、香椎丘リハビリテーション病院、聖マリア病院 大阪:山本病院、市立池田病院、彩都リハビリテーション病院 兵庫:協立温泉病院、第二協立病院、公立八鹿病院 京都:京都大原記念病院、西京都病院、洛和会ヘルスシステム 千葉:白金整形外科病院 神奈川:湘南鎌倉総合病院、鶴巻温泉病院